よくあるご質問 Q&A page

よくあるQ&A

Q:本格焼酎は二日酔いしにくいというのは本当?
A:二日酔いは、飲み過ぎたお酒が、体内で完全に分解しきれず、翌朝まで積み残されたために起こるというものです。まず、「蒸留酒の方が、醸造酒より酔い覚めがよい」という説についてですが、醸造酒だけに含まれていて、蒸留酒にはない糖分やアミノ酸などは、酒の肴に充分含まれているので、本質的な差はないはずです。それでも本格焼酎の酔い覚めのよさを体験している人が多いのも事実です。それはすなわち、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドが血液から消失しやすいからと考えられており、また普段飲みつけている酒は、知らず知らずのうちに、上手な飲み方を会得し、二日酔いになりにくいといえるでしょう。「酒をチャンポンすると悪酔いする」ということもよく耳にします。理屈では、酒酔いの度合は摂取したアルコールの総量できまり、チャンポン悪酔い説は確たる根拠のない俗説とされていますが、お酒が変われば、別の胃袋に入るような気がして、つい飲みすぎてしまうというのが二日酔いの原因とされているのでしょう。
Q:本格焼酎のカロリーはどれくらい?
A:水を除いた本格焼酎の成分の99.9%以上はアルコールですから、そのカロリーはすベてアルコールから生まれます。25度物の本格焼酎1合は250キロカロリーの熱を出しますから、25度物2.3合は白米1合分の御飯に匹敵します。しかし、体重60kgの人の肝臓の処理能力は25度物2.5合程度で、御飯に比べてかなり遅く、積み残されると色々な障害の原因となります。フランスの国立衛生研究所の調査によると、1日の必要エネルギーの10%程度の飲酒は何ら健康に影響しないということです。ただ酒の肴は高カロリーのものが多いので肥満の方はバランスをとることが必要です。
Q:本格焼酎は美容に良いって本当?
A:お湯割りして12~15度にした本格焼酎の寝酒は、その日のストレスをきれいに解消してくれるでしょう。一杯の本格焼酎は寝つきを良くし、熟睡できるので疲労回復と活力再生に有効です。お休み前のお肌の手入れとともに試してみてはいかがですか。美容の上で大切とされる食物の中には、1.良質なタンパク質源となる赤身の肉・魚・大豆、2.ビタミン・ミネラル・食物繊維を含む緑黄色野菜・キノコ類・海草類・果実類・いも類、3.良質タンパク質のほかにカルシウム・鉄・ビタミンAやB2などの栄養素を幅広く含んでいる牛乳や鶏卵などがあります。1、2にあげた食品は本格焼酎の絶好な肴として親しまれているものばかりです。なかでも2のキノコ類や海草類には、細胞を生き返らせる働きがあるとして注目されているトレハロースという糖が沢山含まれ、また見た目にボリュームのある野菜は量的な満足感を与えながら、その実、低カロリーなので、高カロリーのものが比較的多い酒の肴の中で貴重な存在です。また「本格焼酎を飲んでみたいが、あとで酔っぱらうのでは」と恐れる方は飲む前に、アルコールの吸収を遅らせ、粘膜を保護して胃にやさしい牛乳を飲んでおくのもよいでしょう。適量の本格焼酎はあなたを心身ともに美しくしてくれるでしょう。

日本酒造組合中央会ホームページより抜粋