球磨焼酎を味わう tasted

球磨焼酎の種類

【減圧蒸留酒】
昭和50年代から普及した方法です。
減圧蒸留は蒸留器を密閉し、真空ポンプで蒸留缶内の空気を引き出し、気温を下げることにより沸点をさげて蒸留します。
これにより加熱による化学変化が起こらず、もろみに含まれる香りや味の成分をそのまま取り出します。
穏やかで軽快な味わいとなり、現在主流となっています。
【常圧蒸留酒】
球磨焼酎の伝統的な蒸留方法です。
常圧蒸留とは、地上の大気圧(水の沸点が100℃の状態)で蒸留することにより、
もろみが高温で沸騰し、沸点の高い成分や加熱により化学変化してできた成分などが留出して
独特な香りと濃醇な味わいを生み出す蒸留です。
原酒は貯蔵する事によって、より深みのある味わいとなります。
【樽熟成酒】
焼酎の原酒を樫樽で貯蔵することによって、樽由来の香りや味わいを付与します。
減圧蒸留酒と常圧蒸留酒どちらも樽熟成されますが、それぞれの原酒や貯蔵する樽の種類によって香りや味わいも違ってきます。
※更に細かく分けると、麹では白麹・黒麹・黄麹を使用しているもの。酵母に清酒酵留や独自の酵母を使っているもの、
貯蔵においてカメを使用しているもの、長期貯蔵しているもの(古酒とは3年以上貯蔵したもの)などがあり、
さまざまなバリエーションの球磨焼酎が現在提供されています。
4タイプ別マトリクス

球磨焼酎の飲み方・楽しみ方

飲み方・楽しみ方






 

球磨焼酎と相性料理

 うまい焼酎はうまい料理を引き立てる。
 米が原料の球磨焼酎は食事との相性も良く、和洋中問わずどんな料理にも合う焼酎です。
 食前酒としてはもちろんのこと、食中酒としても、食事に合わせて、お湯割り、ストレート、ロックなど
 お好みで楽しむ事ができ、おいしい料理を引き立てます。
 また米焼酎は血栓を溶かす酵素を増やす働きがあり、飲んでおいしく体にやさしいといわれます。
香華タイプ
















淡麗タイプ



















 濃厚タイプ
















樽熟成タイプ